奨学金をもらうためにやっておくこと

奨学金は、経済的に厳しい家庭の学生ならだれでももらえるというわけではありません。それなりの条件を満たしていないともらえません。その学生あるいは生徒の人となりや 健康、学力、家計について判断します。ですから成績が良くても素行が悪いと奨学金はもらえないんですね。

 

また、奨学金には、第一種奨学金と第二種奨学金がありますが、条件が少し違っています。第一種奨学金の場合は、特に優れた学生か生徒で、経済的理由で修学が非常に困難と認められた人が受けることができます。また、第二種奨学金は、第一種に比べると少し基準が緩くなっています。ただ、第二種奨学金の場合は貸与されたお金に利息がつきます。どのくらいつくのか心配ですが、たとえば、平成26年1月末の利率は、年率0.89%でしたので無理なく変換できるものと思います。

 

奨学金は審査があるので申し込んでも採用されないこともあります。大学に在学中なら成績が、所属している学部や科学科の上位1/3以内の人という基準もあるようですよ。なので、しっかり勉強している人でないとなかなか奨学金はもらえないんですね。

 

うちの子どもも奨学金を借りて大学に行ってもらってます。私立大学なのでお金がかかって仕方ありません。うちは普通のサラリーマンで普通の収入しかないので教育費にお金を使ってしまうと生活できなくなります。。。

 

下にも子どもが2人いて今年受験なので何かとお金がかかってしまい、この間は生活費が足りなくなり借入をしてしまう始末です。もちろん主人には秘密ですが。でもこのサイトのおかげで借りることができたのでよかったです→今日中にカードローンを利用する※専業主婦でもバレずに借入OK!